FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photoshopの便利な機能

お久しぶりです。SE担当の玉藻です。


開発日記ということなので、今回はPhotoshopの便利な機能についてお話したいと思います。



今まで使う機会が無かったのですが、『アクション』を最近使ってみました。



これが非常に便利なもので、同じ作業を何度も繰り返さなくてはならない時に重宝します。



使い方は簡単で、画像の処理手順をPhotoshopに記録させ、他の画像を読み込んだ後に、記録させた処理手順を再生させるだけで、瞬時に画像が処理できます。プログラムで言うところのバッチ処理のようなものです。


Photoshopに登録しておけばいつでも同じ画像処理が行えるので、今までよりも作業効率がぐ~んとアップします。



それでは、具体的にどのようにアクションを作ればいいのか見ていきましょう。


◆手順1
 まず、アクションタブを選択し、右下の『新規アクションを作成』をクリックしてください。

                      1.png


◆手順2
 1のアクション名と書かれたテキストボックスにアクションの名前を付けます。
 ここでは『Hemyphiris』としました。
 そして、2の記録をクリックします。

              2.png


 追加されていることが分かります。

                      3.png


◆手順3
 手順2の状態で既に記録が開始されている状態ですので、ここからは無駄なクリック操作をしないように注意してください。無駄な操作も全てPhotoshopに記録されてしまいます。
 
 注意しながら画像の編集を行います。編集した内容(行った操作)は下図のように記録されます。
 編集が終わったら左下にある■の『再生 / 記録を中止』をクリックして記録を中止してください。

                      4.png

◆手順4
 試しに、画像を新たに読み込んでアクションを実行してみましょう。
 下にある三角のボタンをクリックしてください。
 すごい勢いで矢印の方向に処理が行われます。

                      5.png


これでアクションについての説明は終わります。

特に難しいところも無かったかと思います。

この方法を用いると、6分程作業に時間が掛かっていたところが、約2秒で終えることが出来ます。

どんどんこの機能を使って行きたいですねw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。